会社設立

新しく設けられた会社形態会社設立
有限会社とは、日本において過去に存在した会社の形態の1つである。

2006年5月1日の会社法施行に伴い根拠法の有限会社法が廃止され、それ以降は設立できなくなった。

しかし、会社法施行以前に設立された有限会社はそのまま存続して、有限会社を名乗り続ける事が可能。

以前は決められた数の役員がいない場合には会社設立を行う事ができませんでした。

しかし、今となってはたった一人だけで会社設立ができます。役員となってくれる人を探す必要もなく、一人で気軽にできるというのは経営者にとっては楽な事かもしれませんね。

その場合には立ち上げの際などの仕事もすべて自分だけで行う事になります。手伝ってくれる人が欲しい場合には、専門家を探して業務を部分的に任せる事もできます。

会社を立ち上げるのは、易しくなりつつありますが、一方で経営というのは難しい場合が多い様です。

自分の会社を作る事ができれば、気持ちがうかれてしまう事もあるかもしれませんが、頑張って経営を続けていきたいですね。