賃貸の仲介

賃貸の不動産の仲介を行うためには宅地建物取引業の免許が必要となりますから、不動産会社ならこの免許を取得しているはずです。

複数の都道府県にまたがって営業している場合には国土交通省の免許があり、一つの都道府県だけで営業しているのであれば、その都道府県の知事の免許があります。

免許には更新回数が書かれていますが、更新回数が多ければ多いほど古くから営業していることになります。

古くあら営業しているから安心できるかどうかと言うと、一概には言えない部分があります。

しかし、昨日今日できたような不動産会社で賃貸物件を探してもらうよりは良いでしょう。